メスを使用しない治療方法として人気のビビーブ

優れている点

女性

ビビーブの効果としては、膣壁のコラーゲンを再生させることによる引き締め効果です。従来までの治療方法では膣を切開して筋肉を縫合し、膣壁を狭くする治療方法が主流でした。この方法は、ほぼ確実に効果を実感することができます。ですが、膣を切開する必要があるので、ダウンタイムが必要になるのです。ダウンタイム中は性行為などをすることができません。また、手術の種類によっては出産に支障をきたす事があるのです。メスを使用する治療方法は効果が実感しやすい代わりに、デメリットの方も大きいと言えるでしょう。ですが、高い効果をほぼ確実に体感できるという大きなメリットがあります。ビビーブの場合は高周波で元々備わっているコラーゲンを再生させる治療方法です。メスを使用しないので、痛みも伴いませんし、ダウンタイムもありません。ただ、メスを使用する治療方法に比べると効果の持続期間が短いことがデメリットとして挙げられるでしょう。効果が体感できるまでの期間にも個人差があります。ただ、継続して治療を行うことで効果の持続期間を延ばすことができるでしょう。一般的にメスを使用する手術を怖がる方は多いと言われています。そのような方にはビビーブの利用がおすすめと言えるでしょう。基本的に膣の緩みは骨盤底筋の筋力が低下することが原因になっています。骨盤底筋を鍛えても効果がない場合は、膣壁が薄くなっている可能性が考えられるでしょう。そのような場合にはビビーブを利用すると膣の締まりを取り戻すことができます。手術は怖いと思っている方は、ビビーブを利用してみると良いでしょう。